【ECS4.0】

2006年06月30日

新しいレビューが取得可能に!

今日(2006/6/29)未明から、新しい商品のレビュー(ResponseGroupのReviews)が取得できるようになりました。

最近のAmazonは頑張ってくれています!

→ 詳細を読む "新しいレビューが取得可能に!"

投稿者 shiz : 01:38 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月08日

Amazonのアダルト商品の判別(Ver.2006-05-17)

ECS4.0のバージョン「2006-05-17」からアダルト商品を判別出来るタグが追加されました。

久しぶりに非常に画期的な更新です。

→ 詳細を読む "Amazonのアダルト商品の判別(Ver.2006-05-17)"

投稿者 shiz : 22:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月01日

トップセラーが超おかしい&あのブログが復活!?

昨日からECS4.0で返ってくるトップセラーの順位が超おかしい。というよりも、sortを"salesrank"にした際の商品の結果がアダルト商品ばっかりなんですが・・・('A`)

→ 詳細を読む "トップセラーが超おかしい&あのブログが復活!?"

投稿者 shiz : 07:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月15日

ECS4.0-ItemLookup リファレンス

【ItemLookupの概要】

商品詳細オペレーション。固定の商品ID(主にASIN)を用いて商品の詳細データを取得します。取得できるデータはほとんどItemSearchと同じですが、レビューや売り手の情報等、複数ページ存在するデータに対してアクセスできるのが特徴です。

ItemSearchでどこまでデータを取得して、ItemLookupでどこまでデータを取得するかの振分けを考えるのが面白いですね(ItemSearchで大量のデータを取得するとレスポンスが悪化する為、ItemLookupと使い分けるのが吉。ただリクエスト回数が増えるのでそこら辺の加減が難しい・・・)。

以下、詳細

→ 詳細を読む "ECS4.0-ItemLookup リファレンス"

投稿者 shiz : 01:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月10日

ECS4.0-ItemSearch リファレンス

※翻訳しても分かりにくい上に、US Onlyが多いので自分なりにリファレンスを作成していきます。多少のノウハウも入れていこうと思っているので参考にしてください。ただし、REST中心なのはご了承ください。

【ItemSearchの概要】

商品の検索オペレーション。書籍・DVD等のカテゴリーの指定、「キーワード検索」・「タイトル検索」等の検索の種類、検索結果の内容の選択など、パラメータの指定を変更するだけで商品検索のほとんどをまかなうことができます。

以下、詳細

→ 詳細を読む "ECS4.0-ItemSearch リファレンス"

投稿者 shiz : 23:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月08日

ECS4.0の基本の基本(RESTのみ)

[概要]

Amazon Webサービス(AWS)の内、Amazon.co.jpの商品情報やカート機能を通じて商品を購入するまでのプロセス(過程)を支援するためのサービスをE-Commerce Service(ECS)と言います。ECSはXMLベースのWebサービスで、リクエストに応じてXMLデータを取得することができます。

※現在のバージョンは4.0なので、以下ECS4.0と記述します。

→ 詳細を読む "ECS4.0の基本の基本(RESTのみ)"

投稿者 shiz : 22:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月03日

Version 2006-02-15(2006-03-08)の変更点

ECSのVersionが"2005-10-05"から"2006-02-15"にアップデートされています。更に"2006-03-08"にまでアップデートされました。

このアップデートでの変更点について。

→ 詳細を読む "Version 2006-02-15(2006-03-08)の変更点"

投稿者 shiz : 16:15 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月29日

いつのまにかスポーツ追加

1.いつの間にやらスポーツが対応!
2.ECS4.0のVersionも"2006-02-15"に!

の2本立てでお送りします。(今回はドキュメンタリードラマ風味)

→ 詳細を読む "いつのまにかスポーツ追加"

投稿者 shiz : 20:07 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月27日

Cartオペレーション(カート処理)

ECS4.0ではカートの処理を自サイトに組み込むことができます。実際にどこまで使えるか色々試したので、その内容について書きたいと思います(ええもん屋.comにも組み込みたかったんですが、画面遷移なしでカート処理をしようと思うと色々見た目上・操作上の問題があったので今後の課題です)。

一通りカート処理するには、5つのオペレーションを使わなければならず一見複雑そうにみえますが、取得するXMLデータはほとんど同じなのでそれほど問題にはならないでしょう。ただし、リクエスト時は他のオペレーションよりもやや複雑です。

Amazon.co.jpのカートに追加するオペレーションを使う方法以外にも存在します。その方法についてはこのエントリーの最後に追記しています(2006/01/31)。

では、詳細↓

→ 詳細を読む "Cartオペレーション(カート処理)"

投稿者 shiz : 23:40 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月22日

Sortパラメータ

[Sort]パラメータはItemSearchオペレーションで指定可能なパラメータです。例えば"・・・&Sort=titlerank"のようにしてすれば、タイトル順にソートされた結果が返ってきます。また、デフォルト値は"salesrank"のようです。なお、SearchIndexが"Blended"の場合はSortパラメータは指定できません。

ただ、このパラメータは指定する値がカテゴリー(SearchIndexの値)ごとに微妙に違うという素敵仕様なので注意が必要です。後から色々なカテゴリーが増えていったせいでしょうかね?

愚痴っても仕方ないので、以下にカテゴリー毎のSort値の違いをまとめておきます。

→ 詳細を読む "Sortパラメータ"

投稿者 shiz : 16:01 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月04日

Amazonの画像生成ルール

※この記事の情報は古くなっています。
最新の情報はShiz Labsの「Amazon商品画像のカスタマイズ(理論編)」をご覧ください。



※注意!:このページで表示している割引率は全てサンプルを表示するための偽の割引率です。

[概要]

Amazonの商品画像のURL(URI)のルールについて。書式を覚えておけば「Amazon E-Commerce Service(ECS4.0)」はもちろん、通常のアマゾン・アソシエイト・プログラムでも威力を発揮します。

※以下特に明記しない場合は、基本的に日本でのルールを記述します。

→ 詳細を読む "Amazonの画像生成ルール"

投稿者 shiz : 20:04 | コメント (2) | トラックバック

2005年12月22日

AmazonのBrowseNodeを探せ(ブラウズノード検索ツール)

結構探すのがめんどくさいBrowseNode(ブラウズノード)を簡単に探し出すツールを作りました(いつもの通りECS4.0とAjaxなので使う時はJavascriptはONにしといてくださいね)。使いやすいように、ブラウズノードの一覧ではなく、階層型の検索にしました。数が多すぎるのである程度制限をかけていますが、通常使う分には十分かな?と思います。

では、↓「BrowseNodeを探せ」ツール(ブラウズノードをクリックしてください)↓

→ 詳細を読む "AmazonのBrowseNodeを探せ(ブラウズノード検索ツール)"

投稿者 shiz : 20:30 | コメント (3) | トラックバック

2005年12月20日

Access Key ID(Subscription ID)

ECS(Amazon E-Commerce Service)4.0を含むAmazon Webサービス(AWS)では、サービスを利用するために登録IDを取得する必要です。

登録後もらえるのが、Access Key IDです(2005年10月10日以前に登録した人はSubscription IDとAccess Key IDの両方発行)。
※2005年10月10日以降に登録した人はSubscription IDは発行してもらえず、Access Key IDのみ。
※もう一つ発行されるSecret Access Keyは他のサービス時の認証として利用されます。

→ 詳細を読む "Access Key ID(Subscription ID)"

投稿者 shiz : 21:43 | コメント (0) | トラックバック

OperationとResponseGroupの一覧

ECS4.0はAWS3.0に比べかなり柔軟ですが、なにぶん数が多いのでここにメモを残しておきます。

"Version:2005-10-05"のマニュアルを参考にしています。
また、(私が)よく使うものには色をつけています。

→ 詳細を読む "OperationとResponseGroupの一覧"

投稿者 shiz : 20:03 | コメント (4) | トラックバック